定年退職の概要を知る

定年退職の概要を知る

社会全体が高齢化した影響もあり、2013年に高年齢者雇用安定法が改正されて定年年齢が60歳から65歳に引き上げられました。これにより、65歳での定年退職を導入している企業が増えてきましたが、ナースの場合は職場によって定年年齢が異なるため、必ずしも65歳で定年退職するわけではありません。公的な医療機関では55歳~60歳、民間の病院では60歳~65歳を定年年齢としていますが、ナースは定年を迎えたからといって看護師免許を返納するわけではないため、働く意志があれば定年後も仕事を続けることができます。

一般的な定年退職とは

一般的な定年退職とは

定年とはあらかじめ決められた年齢を過ぎたら退職となるシステムのことです。これまでは定年年齢が60歳でしたが、高齢化の影響もあり、2013年に高年齢者雇用安定法が改正されて定年年齢は65歳まで引き上げられました。しかし、65歳定年を適用しているのは全体のうちわずか16.1%とそれほど多くないのが現状です。定年年齢の引き上げは一般企業だけではありません。国家公務員や地方公務員などの公的機関も対象ですが、いきなり引き上げるのではなく、段階的に引き上げる計画になっています。

記事をチェック
ナースには定年がない?

ナースには定年がない?

高年齢者雇用安定法が改正されて定年年齢が引き上げられましたが、ナースの定年年齢は職場によって異なります。公的医療施設では55歳~60歳、民間の病院では60歳~65歳と大きな差があります。ナースは定年になったからといって看護師免許を返納するわけではないため、働く意志があれば定年後も働き続けることは可能です。しかし、体力の衰えは否めないため、病院ではなく力仕事が少ない介護施設で管理者として働く人や看護業務が少ないクリニックで働く人が増えています。

記事をチェック
離職せず継続して働いた場合に得られるもの

離職せず継続して働いた場合に得られるもの

看護師はまだまだ女性の割合が多いため、結婚や出産、育児で働き方を変える人も少なくありません。看護師は多忙なため家庭との両立が難しく離職してしまう人もいますが、離職せず定年までキャリアを継続すると「生涯賃金が多くなる」「年金を多く納めるため老後も安心」などのメリットが得られます。また、ナースという仕事を続けることで得られる充実感や達成感は自信やプライドへと変わり、自身のアイデンティティの確立にもつながります。

記事をチェック
ずっと同じ職場に勤めた場合に得られるもの

ずっと同じ職場に勤めた場合に得られるもの

定年まで同じ職場で働き続けるメリットは「退職金」と「安定した環境」です。ナースの退職金は勤続年数を元に計算されるため、同じ職場で長く働いた方がより多くの退職金をもらうことができます。また、ナースの仕事は場所に関係なく基本的に同じですが、病院ごとに細かいルールが違います。同じ職場で長く働いていても新しいルールができることはありますが、小さな変更はあっても全く別の内容になることはありません。

記事をチェック
定年まで看護師でいたい

当サイトは定年まで働きたい看護師に向けて、看護師の定年事情や再就職について詳しく説明しているサイトです。当サイトのご利用にあたってご不明な点がございましたら、下記の連絡先よりお問い合わせください。 連絡先:lifetime_nurse@yahoo.co.jp