若いナースに知っておいてほしいこと

若いナースに知っておいてほしいこと

定年後の働き方について、若いうちに知っておいた方がいいこととは何でしょうか。看護師が定年になる年齢は病院によって異なるため、定年まで長く働きたいのであれば、公的な医療機関ではなく民間の病院にしましょう。また、定年後も働き続けるためには健康管理も大切です。多忙な看護師は自分の健康管理は後回しにしがちですが、健康でなければ働くことはできません。自分なりの健康維持法を見つけたり定期的に健康診断を受けたりなど、しっかりケアしていきましょう。

ナースには定年がない?

ナースには定年がない?

まずはナースの定年事情から見ていきましょう。高年齢者雇用安定法で定年年齢が引き上げられましたが、ナースの定年年齢は職場によって異なります。国や地方自治体が運営している公的な医療機関では定年年齢が55歳~60歳と早めですが、民間の病院なら60歳~65歳と一般企業の定年年齢とそれほど変わりません。また、看護師にとって年齢は障害になりませんが、定年後も役に立つナースでいるためには経験を積み様々な知識やスキルを身につけておくことが大切です。

記事をチェック
今からコレをやっておこう

今からコレをやっておこう

定年後を見据えるのであれば、ナース以外の医療関係者や違う職場のナースなど様々な人とネットワークをつなげてくことも大切です。物事を多角的に見ることができるので視野が広がりますし、定年後の再就職先として声をかけられることもあります。また、長く働き続けるためには健康管理に気を配るのも大事なことです。若いうちは多少無理をしても何とかなりますが、年を重ねると体力では勝負できなくなります。自分なりの健康維持法を見つけたり、定期的に健康診断を受けたりとしっかりケアしていきましょう。

記事をチェック
早いうちからキャリアを考えておこう

早いうちからキャリアを考えておこう

定年後も活躍できる幅を広げるためには早い段階でキャリアプランを立てておく必要があります。まずは目指すべき方向性を決め、それに向かってスキルアップしていきましょう。ただし、スキルアップと言ってもナースの基本的なスキルが必要ですし、目的によって選ぶべき病院も異なります。ジェネラリストを目指すなら症例を多く扱っている規模の大きな病院を、スペシャリストを目指すなら専門的な医療を提供し、育成に力を入れている病院を選びましょう。

記事をチェック
定年まで看護師でいたい

当サイトは定年まで働きたい看護師に向けて、看護師の定年事情や再就職について詳しく説明しているサイトです。当サイトのご利用にあたってご不明な点がございましたら、下記の連絡先よりお問い合わせください。 連絡先:lifetime_nurse@yahoo.co.jp